Droplet Digital PCR World 2021

Discoveries and insights: Ten years in the making.

*日本語字幕付き

昨年実施したDroplet Digital PCR World 2021にて好評だった最先端のウェビナーをピックアップし、"日本語字幕付き”で再度オンデマンド配信を実施いたします。
こちらの登録フォームにご入力いただきましたら、ご視聴用のリンクをメールにてお送りいたします。
配信を見逃した方、日本語でさらに理解を深めたい方はこの機会に是非改めてご聴講ください。

<公開中>Pick Up 1


David Ren, PhD

ddPCR Assay Development for AAV GMP Quality Control

David Ren, PhD
Director of Analytical Science & Technology, Global QC in Novartis Gene Therapies

David Ren博士(Novartis Gene Therapies社)による、AAVベクターの製造工程におけるQCプロセスの確立方法に関する講演です。医薬品であるAAVベクターのコピー数を正確に測定するため、どのようにddPCRを利用すべきか、どんなポイントに注意してSOPを作成すべきかを、これまでの経験を基に具体的に示されています。

Pick Up 2


Peter Clarner

Applications of Droplet Digital PCR in Assessing AAV‑based Gene Therapy Performance

Peter Clarner
Scientist I, Gene Therapy Accelerator Unit (GTxAU) ‑ Biogen

Peter Clarner氏(Biogen社)による、AAVベクターの性能評価法に関する講演です。AAVベクターの完全性やAAVベクターの性能評価をするうえでの1 step RT-ddPCRアッセイの有用性について述べられています。

Pick Up 3


Russell Goetze, PhD

Applying ddPCR to Characterize Starting Materials for Advanced CAR-T Cell Therapies

Russell Goetze, PhD
Scientist II ‑ Bluebird Bio

Russell Goetze博士(Bluebird Bio社)による、CAR-T細胞療法におけるddPCRアッセイの有用性に関する講演です。遺伝子編集効率を確認するためのdrop-offアッセイや、既に上市しているCAR-T製品や臨床で利用可能なCAR-Tベクターのコピー数を正確に測定するためのddPCRの利用法について述べられています。

Pick Up 4


David Dobnik, PhD

The Role of Droplet Digital PCR in Characterization of Viral Vectors for Gene Therapy

David Dobnik, PhD
Scientific Associate ‑ National Institute of Biology

David Dobnik博士(National Institute of Biology, Slovenia)による、ウイルスベクターの特性評価に関する講演です。遺伝子治療分野にて広く利用されているAAVベクターとレンチウイルスベクター測定において、どのようにアッセイをqPCRからddPCRへ移行すべきか、その留意点について言及されています。

Pick Up 5


Alexander Dobrovic, PhD,

Using Droplet Digital PCR to monitor disease

Alexander Dobrovic, PhD,
Head of Translational Genomics and Epigenomics Laboratory ‑ University of Melbourne Department of Surgery

Alexander Dobrovic博士(Department of Surgery, University of Melbourne )による、ddPCRを用いた固形がんのcfDNAモニタリングと肝臓移植後のモニタリングに関する講演です。疾患特異的な遺伝子変異だけでなく、メチル化マーカーの測定技術についても述べられています。

Pick Up 6


Cloud P. Pawaletz, PhD,

Plasma ctDNA response and progression as a sensitive marker for treatment effect in NSCLC

Cloud P. Pawaletz, PhD,
Head of Research, Belfer Center for Applied Cancer Science - Dana-Farber Cancer Institute

Cloud P. Pawaletz博士(Dana Faber Cancer Institute)による、非小細胞性肺がんのcfDNAを用いた治療効果判定に関する講演です。ddPCRを用いた血漿中のがんマーカー測定では、治療に対する反応、また再発・増悪時の変化を早期に捉えられることが示されています。